お悩みすっきり!夢応援団

税理士法人 京阪総合会計事務所

  • お知らせ
  • ブログ
  • ホームページ
  • お問合せ

2016年2月9日

「マイナス金利」ってなに? 新手の詐欺にご注意

日銀の黒田総裁が1月29日に「マイナス金利」導入を検討したと紹介されてから、「マイナス金利」という言葉をニュースや新聞でよく見かける。

 

で、マイナス金利ってなに?って聞かれるようになりました。
「銀行に預けると目減りするの?」
「タンス預金にしないといけないね」
などの誤解が広がっているようでもあります。

 

まず、はじめに申し上げますが、このような事はありません。(キッパリ!)

 

この言葉を使って不安をあおり、投資話を持ちかける新手の詐欺の可能性があります。

特に、高齢者世帯では詐欺事件が増えているので注意が必要です。

 

「マイナス金利」とは民間銀行が日本銀行にお金を預けると、いまでは0.1%の金利がついていたのが、2月16日から、一部の当座預金にマイナス0.1%の金利を適用するというもの。適用条件も限られた範囲なので、一般の預金者には関係ないのです。

マイナス金利を導入することで、貸出金利の低下を招き、銀行の貸し出しを伸ばして経済の活性化をはかるという目的があるようです。

 

一般国民にはあまり影響はありませんが、ただでさえゼロに近い預金金利が、さらにゼロに近づくことになるようです。

住宅ローン金利も引き下げになるようですが、今でもかなりの低水準の金利なので、大きく下がることはないと思われます。

 

中小企業にとっては本当に借りやすくなるでしょうか。

金利が下がっても融資基準は下がることはありませんから、借りやすくなるとはいえないと思います。

銀行はアベノミクスで景気が回復したと思っていませんから、倒産などで貸したお金が回収できなくなっても困るので融資基準を下げるとは思えません。

 

世間的には、マイナス金利に反応して株価や相場も改善したようですが、数日でその効果も消え失せたようです。

2月3日に黒田総裁は、さらなるマイナス金利も示唆したといわれますが、はたしてどうなることか。

それより「マイナス金利」という言葉が独り歩きし、悪い方向に影響が及ばなければよいのだが・・・

繰り返しますが、くれぐれも「マイナス金利」詐欺には注意してください。

プロフィール

代表疋 田 英 司

平成17年 大阪国税局退官

疋田税理士事務所開設

平成18年 税理士法人京阪総合会計事務所

開設

●現在の主な活動

税理士業務
(開業支援、経営支援、相続のご相談など)

ボランティア支援

NPO法人の支援

お問合せはこちら

アーカイブ

リンク